2011年10月30日

TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルール(!?)

『TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルール』・・・って本当かよ? 今、日本経済新聞(2011年10月29日、2ページ)を見て、まさに仰天してしまいました。

20111030_toeic.jpg

そうそう、わたしは何を隠そう20年ほど前、たしかTOEICテスト280点くらいだった。まさにわたしのために書かれた本(?)かもしれない。小生のための福音書か。

・・・いやいや、「280点だった私が半年で800点」なんて。まさか。信じられない。オカルトを主張するトンデモ本かもしれん。

しかし、「絵で理解する」、「形をまねる」、「そのまま、まねる」、「目的と生活パターンから学習プログラムを実際につくろう」、「大量の聞き流し」・・・など、ナルホドと感じる点もある。これは面白いかも。とりあえずわたしは書店でチェックしたいと思います。

posted by Compaqs at 01:03| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。