2012年01月01日

まさにmotion的な写真です

20120101_motion.png
※iKnow!「基礎英語(Core English)」より

これはまさにmotion的な写真ですね。「荒れ狂った海」ですよ。もう船が沈没しそうな荒れた海です。一発で覚えちゃいます。語学教材はやはり「絵」、「写真」などのイメージが重要だと思います。今年は「語学=イメージ」で乗り切るぞ。

         ※         ※         ※

「語学=イメージ」といえば、わたしは英語はiKnow!を使っていますが、正直、今日の多くの日本人にとってロゼッタストーンがベストだと思う。ちなみにわたしは「ロゼッタストーン中国語」のユーザーです。

子供の頃を思い出しましょう。身の回りのことを、目と耳で「イメージ」して、直感的に反応したはずです。それを繰り返すことで、日本語が身体に染み込んでいきます(イメージ)。こうして日本語の文法知識ゼロでも、反射的に会話ができる。

ロゼッタストーンは非常に優秀なソフトウェアで、外国語を母国語のように話せるようになる可能性を人々に与えます。なぜなら、ロゼッタストーンのメソッドはイメージを最大限活用するからです。

ロゼッタストーンで学習すると、まるで自分が子供の時代にタイムスリップしたかのように、自然に外国語を身につけるようになる・・・かもしれないのです(本当です)。とにかくロゼッタストーンは日本語を一切使わず、画像と音声と意味のトライアングルを回転させる感じです。

ただしロゼッタストーン弱点は、「意味」の一部がハッキリ明確にわからないことがある、ということです。それは言えます。わたしの(ロゼッタストーン中国語の)場合、大部分は理解できますが、一部の意味が「?」です。当然です。自分が子供のころ、わたしは周りの出来事の「あらゆる意味」を理解できたわけではありません。それと同じです。

学者のように英語を「学問」として厳密に学ぶ方には、ロゼッタストーンは向かないかもしれません。しかし英会話を中心とした普通の日本人英語学習者には、ぴったりの教材だと思います。とにかく実践的です。

posted by Compaqs at 12:19| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。