2012年01月31日

ロシアはネット大国

ロシアはネット大国
【月刊ロシア通信、1月号、株式会社JSN、20ページ、引用】
米インターネット調査大手コムスコアが発表した欧州国別利用統計によると、9月におけるロシアのユニークビジター数(重複カウントを除した訪問者数)は欧州で最大を記録。11月14日付でコムスコアのプレスリリースが伝えた。・・・
DSCN1305.JPG

         ※         ※         ※

ロシアって、日本人にとって隣国でありながら、ややなじみが薄い。かつての東西冷戦の影響や成長著しい中国に比べ人口・経済規模も少し見劣りするといった点からか、日本人にとって近くて遠い国の一つでしょう。

しかし、ネットの世界では存在感をアップしています。ロシアのネットのユニークビジター数は5081万人で、ついに欧州トップだったドイツ5013万人を抜きました。こりゃすごいね。

僕ら日本人にとって、英語や中国語、韓国語も大事だけど、ロシア語も非常に重要だと思う。今後のグローバル経済において、ロシア語のアドバンテージはどんどん上昇するでしょう。やはりロシア語はねらい目です。

posted by Compaqs at 16:47| Comment(0) | ロシア語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

「テレビでロシア語」再放送スタート

「テレビでロシア語」は再放送ですね。また始まりました。

20110928_russ_1.JPG
※NHK語学番組「テレビでロシア語」2011年9月27日深夜より

これでまた、お綺麗なナターシャさんとかわいいセリョージャ君に会えます。2011年9月27日深夜の放送です。

〜オリエンテーション〜

初回なので、オリエンテーションですね。今後の半年(?)の放送・学習の予定を紹介していました。予定と言っても、ウラジオストックなどのロシアの東側(極東地域・シベリア東部)をめぐり、日本の皆さんに紹介する形をとるそうです。ですから、各地でレポーターをしてくれるロシア人スタッフ(シベリア旅行社?)とレポートのダイジェストを紹介していました。

20110928_russ_2.JPG
※NHK語学番組「テレビでロシア語」2011年9月27日深夜より

「ウラジオストック > ハバロスク > ヤクーツク > イルクーツク」の4か所を紹介して頂けるそうです。素朴な文化と自然が魅力です。さすがロシアは広大で、観光地としても魅力的な国ですね。

〜最初のレッスン〜

また最初のレッスンとして、挨拶の「ズドらーストヴィチェ」を紹介していました。でもオイラにはブラストレイチュまたはグラストレイチェに聞こえるんだよね。

20110928_russ_3.JPG
※NHK語学番組「テレビでロシア語」2011年9月27日深夜より

「スパシーバ(ありがとう)」「ダー/ニェート(Yes/No)」「バジャールスタ(どうぞ)」も紹介していました。

〜サバイバル単語〜

おっと。忘れてはいけない。ジーマ氏の「サバイバル単語」のコーナーもありました。アルファベットを紹介していました。ア、べ・・・イークラッカ・・・だめだ。ようわからん。

20110928_russ_4.JPG
※NHK語学番組「テレビでロシア語」2011年9月27日深夜より

あとなんか「ダストレイチュー」とかジーマ氏は言って、去っていきました。なんだろう?

※参考資料:「テレビでロシア語」、http://www.nhk.or.jp/gogaku/russian/tv/、NHK(Japan Broadcasting Corporation.)
posted by Compaqs at 08:44| Comment(0) | ロシア語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

「テレビでロシア語」終わっちゃった

Eテレを見ていたら、「テレビでロシア語」が最終回でした。

20110913_Russian_01.JPG
※「テレビでロシア語」2011年09月13日深夜より

ナターシャさんが、「今日で最終回です。」なんておっしゃっています。恭子先生も「ロシア語の勉強をぜひ続けてくださいね。」なんてアドバイスされています。

20110913_Russian_02.JPG
※「テレビでロシア語」2011年09月13日深夜より

番組の内容そのものは、通常と同じでした。シンプルな文章(初級?)とちょっと高度な文章(中級?)で構成され、恭子先生の文法説明やナターシャさんとセルージャ君のボケ・ツッコミ漫才(?)も健在でした。

20110913_Russian_03.JPG 20110913_Russian_04.JPG
※「テレビでロシア語」2011年09月13日深夜より

でも番組のラストは、いつも同席していないジーマ氏も出てきて、4人全員そろって「ダスヴィダーニヤ」(さようなら)と、お別れの挨拶をしていました。

20110913_Russian_05.JPG
※「テレビでロシア語」2011年09月13日深夜より

あっさり終わっちゃいました。来週からどうなるんだろう・・・。

※参考資料:「テレビでロシア語」、http://www.nhk.or.jp/gogaku/russian/tv/、NHK(Japan Broadcasting Corporation.)
posted by Compaqs at 17:14| Comment(0) | ロシア語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

「テレビでロシア語」いいねぇ

「テレビでロシア語」(NHK Eテレ)を見ました。


※NHK語学番組「テレビでロシア語」より
http://www.nhk.or.jp/gogaku/russian/tv/images/img_main.jpg

なんか素朴なんだよね。EURO24なんて洒落たキャッチフレーズのイタリア語・ドイツ語・フランス語・スペイン語の各語学番組に比べ、地味というかオーソドックスな印象です。出演者も著名なテレビタレント(ギャラも高そう・・・)が出るわけでもなく、日本人講師とロシア人が出ているだけ。

でもそこがいい。じっくり落ち着いて番組を見られるし、さらに、出演者たちは一生懸命に番組を盛り上げようと努力している姿勢にも、好感が持てます。

美人のナターシャさんと可愛いセリョージャ君の即興漫才(?)は面白いし、特にナターシャさんのボケは天下一品です。セリョージャ君の日本語のつぶやきも、とても日本人的です。

さらにジーマ氏のコーナー(サバイバル単語)は、ちょっとアバウトな、ある意味ロシア的な、独自のノリでなんとも興味深い。そして同時に、講師の恭子先生もある意味日本的な、真面目で優雅なノリで番組を引き締めています。

この出演者4名のバランスがバッチリグッドです。

ちなみにナターシャさんはサンクト・ペテルブルク生まれだけど、セリョージャ君とジーマ氏はウラジオストク生まれ。ロシアの端と端で、だいたい日本とイランくらい離れています。そのスケールの大きさもロシアの魅力ですね。

※参考資料:「テレビでロシア語」、http://www.nhk.or.jp/gogaku/russian/tv/、NHK(Japan Broadcasting Corporation.)
posted by Compaqs at 09:08| Comment(0) | ロシア語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。